深井拓のオーストリア現地リポート③

おはようございます! 深井です照れ
レポート報告です。
今日から本格的に練習がはじまりました。3日間は天気が良さそうなのでいい練習ができそうです。
ですが、今日は選手の怪我がありましたアセアセ
アルペンスキーは赤と青のフラグの間をくぐり抜けタイムを競う競技となっています。
種目によりますが今日の練習の種目では平均時速約60-70kmでますグラサン
自然を相手にするスポーツのため、天候や雪質などにより危険をともなうリスクがあります。
常に同じ状況ではなく滑る度に雪面はかわりそのつど対応していかなければなりません!
{86264E8D-2897-4AA9-8455-410E07F04DCA}
{9B2C0B51-DDB9-450A-A66D-D3D84BFFF731}
選手の怪我はたいしたことはなかったですが安静をとり処置しました。
雪上で怪我をすると、レーシングスーツを着ているためすぐには脱ぐことも出来ません、雪上のため寒さがあり体も冷えてしまいますおばけ
今回は安全な場所までおんぶしておろし、怪我具合を確認しその場で応急処置して滞在先のホテルまでかえりましたカエル
{D31EEF05-C601-4FE9-9F69-77E57185BF50}
怪我がひどい場合はスノーモービルやヘリコプターをよぶこともあります。
私自身も頭を打ち乗った経験があります。
海外で怪我をして日本に帰って治療するためには、海外での診断書が必要になるため、選手と一緒にスポーツクリニックまで行きましたキラキラ
{58D1A086-4A73-4943-A1E1-1730D0F8894F}
次回に続きますコアラ

ポルトガルから‼️Kitayamaです④

日本のガネーシャグループから飛び立って一ヶ月半になろうとしています。

毎日濃厚すぎる日々を過ごしホームシックにかかる暇がないくらいの忙しさ😅
現在は、ベンフィカクリニックという診療所で治療させて頂いています。
また、ポルトガルなどの他国の方に対して日本で行っていた治療方法をお伝えさせて頂く機会もありました😊👍🏻
その一場面をこれからも発信させて頂きたいと思います。
今日は、吸い玉。
ベンフィカクリニックでは、肩の脱臼やオペ後の運動療法に吸い玉を使っています💪🏻
そしてベンフィカでは、その場で痛みをとったりその場で結果を残すことが日本よりも求められます😃
{7A77D1BB-0740-4E44-BBDB-9B9294FC0B61}
{77885C84-D5F0-44E7-B6F7-C78D9C586892}
{0D194AB6-FC11-4086-96D8-918D8153260F}

次回更新をお楽しみにてへぺろうさぎ

ポルトガルから‼️Kitayamaです

平成28年12月新しいKitayamaを見つけるべく、ガネーシャグループから一旦旅立ちポルトガル🇵🇹の地にたった一人の治療家👍🏻Kitayama。

大阪府寝屋川市を拠点に柔道整復師  鍼灸師として活躍していた生活からポルトガルで治療家としての第一歩を踏み出した‼️
{2F620A3C-8FEA-483D-858B-EF0EF640474F}
{2AF99182-95A9-460B-8368-1E61F4536B52}
{5F30D00E-B207-46E4-AA93-38DADC87190F}
ポルトガルでの生活や治療風景を今後もリポートし続けます😊

深井拓のオーストリア現地リポート④

こんにちは! 深井ですニコニコ

応急処置はウェアーの上から晒しで巻き、固定力を強めるためにテーピングで補強しておりますビックリマーク
{3E2EB10A-571F-4DF0-A5C6-B379B5D25E84}
今回の行ったスポーツクリニックでは日本と同じような処置でした。
湿布と少し弾力性のある包帯固定です。ヨーロッパでは松葉杖というものはなく、基本的にはロフストランドになっています照れ
{482C2FF8-E00C-4ECE-AFF5-723BE98C0810}
{46791246-C28A-4833-8389-A9F7DF51300D}
{A4BA0586-226A-4D20-8401-E41B29C6676F}
スポーツクリニックから帰って固定を変えました。
{AB64CA3C-BBE6-4F4B-8350-BF4E9165511D}
だいぶ痛みも引き、歩行での痛みはないみたいですが跛行はありますアセアセ
今は安静をはかって痛みも落ち着いています。また2日後に病院に行き念のためMRIもとりますビックリマーク

深井拓のオーストリア現地リポート⑤

おはようございます!深井です照れ

今回の遠征にはトレーナーは二人おりトレーニングと治療を別で担当し自分は治療の方にいますお願い
トレーニング担当のトレーナーは理学療法士ですウインク
勤務されている整形外科ではオペ室に簡単に入ることができとても素晴らしい環境におられ自分は質問攻めでいろんな事を吸収させてもらっています照れ
今回、選手の中に八ヶ月前にACLのオペした選手がおり自分は治療をまかされていますにやり
(参照)
ACL(アンテリア クルシエイト リガメント)  前十字靱帯のことです
http://kotoseikeigeka.life.coocan.jp/15acl1.html
可動域制限、筋力差もないですが、Fat Padが突出しているため痛み違和感がでています。
{22A9F3B9-52A5-4C5A-8D47-D2AB347A6C0A}
ACLを繋ぐ金属のせいで伏在神経領域への知覚異常が有りますにやり
これはACLオペ後あるあるらしく一年後にはとれそうです。
治療は膝蓋骨の動きをつけるの基本とし膝の角度に合わせてFat Padの柔軟性をつけています。
Fat Padには自由神経終末が多く存在し、私が膝を治療する際に一番見るとこですニコニコ
(参照)
肘関節における前方fat pad の正常像と前方fat pad sign
http://www.ohkubohospital.jp/pdf/hiji-fat-pad-sign.ppt
Fat Padは膝の伸展でよくわかりますが、横から見たときにラグダの背中の様に見えるためCamel back sighというときもあります。
(参照)
{084B41A9-97B6-4B9D-8995-18454E6E4535}
{7BEFFB20-81DF-4A95-86DE-44BAAFDC13F0}
{1C141847-B81C-4B9A-A435-9976CB78760B}
今回は少し分かり難かったですねアセアセ
オーストリア料理です(^^)
{568D03E3-281D-4B72-A793-DA33C7A340F0}

ひと休みして下さいもぐもぐ

牛しっぽ次回に続きます牛あたま

深井拓のオーストリア現地リポート⑥

こんばんは!深井ですウインク
レポート報告です。
怪我をした選手と検診のためもう一度スポーツクリニックへ行ってきましたビックリマーク
{48F90A56-DDA2-4687-8406-5C5D6F3A323F}
MRIもとり診断の結果は外側側副靭帯の損傷でした。
シーズン間近で残念ですが、選手は一時帰国し日本で治療に専念する事になりましたぐすん
{13D6C49D-AA55-4FC8-8512-5AFBAE6EC887}
{DC552737-87D7-4978-BAD6-B7B08BCA3353}
スポーツクリニックでは飲み薬ではなく、自分で注射してうつ薬をもらいましたにやり
翻訳してみると血栓予防の薬みたいです照れ
{0336049E-6639-4687-8185-545722AF28AD}

ビーグル犬しっぽ次回に続きますビーグル犬あたま

{764F788B-FB1D-4F30-A025-4224D95ED66A}

ローストポーク オーストリア料理です(^^)